このコーナーでは、例会に出品される展示花の中から、誰も振り向かないかも知れないがとても珍しい形態の花、栽培が難しく今回限りの期間限定公開になるかも知れない花、ごく一部のマニアックな人だけが興味を示すような花、そもそも花がついているのかどうかわからない???そのような、人気投票の対象にはなりにくい花、言い換えれば蘭友会会員の趣味の深さ(行き着くところまで行ってしまったとも言うが…)の真骨頂とも言える花を、さらに担当者の独断と偏向的興味に基づいて取材し展示しています。
例会の展示テーブルではわけのわからない花でも、写真になってゆっくり見ると「おおっ!!」となるような美形になったり、ますますわけのわからないものに見えたり……題して「出品花、アッと蘭だム!・無作為抽出ご免被る!!」 選ばれた花ははたして名誉なのかどうか、そのような評価もご覧になる方々の蘭に関する深い造詣とウンチクにお任せ致します。
 
最近、蘭展でも例会でも小型の奇怪な(?)ランが、皆さんの目に止まり入賞することが多くなり、その眼こぼし(?)として当コーナーに掲載するチャンスが少なくなってまいりました。
(担当)
Epi. mariae
峯田美智子
Aerangis hyaloids 
宮本 富貴子
     
雲霧林に棲むねずみのしっぽか?
こういうのを、可憐な花と言うのか?
白色がとても美しかった、真っ白。
 
 
 
 花としては珍花ではないのだが、撮影者が思わずシャッターを切った。
Paph.fairrieanum 'Shaffers Gigantea'×'Flame Thrower'
宮本 富貴子
Masd. Peach Fuzz
清水 達夫
Paph. niveum
柏渕保男
Onc. Moon Shadow 'Tiger Tail'
冨澤
 
滑稽とも言える髭のおじさん
花形も特異の愉快さ
花形といい、黄色の鮮やかさ
交配種の素晴らしさ
花は小さかったが、透明感のある
白い質感に魅入らされた
これはまた、抜けるような黄色
開いたばかりの汚れの無い新鮮な花弁
 
 
過去のアットランダムはこちら