Japan Amateurs Orchids Society

原種紹介

Epidendrum eburneum Rchb.f. 1867

Epidendrum eburneum Rchb.f. 1867

Epidendrum eburneum Rchb.f. 1867

Epidendrum eburneum Rchb.f. 1867

 表紙の花は、唐木善孝氏出品のEpidendrum eburneumを選んでみました。
 Epidendrum属は中米から南米にかけて広く分布し、warmタイプからcoolタイプまでおよそ1400種があるといわれている大きな属で、Cattleyaの近縁属として知られています。
 紹介するEpidendrum eburneumは中米ニカラグア、コスタリカ、ホンジュラスなどの海抜500mまでの樹木に着生するwarmタイプで比較的小さな着生種です。花の大きさは45×40 白くて広がったリップに特徴があります。匂いはありませんし地味な花ですが、じっくりと栽培して大株仕立てにすると意外に面白いかもしれません。

栽培:唐木善孝 撮影:佐藤 攻



原種解説の花過去ページへ トップページへ